黒にんにく 効果効能

黒にんにくが持つ効果・効能の秘密

黒にんにく


黒にんにくってどのように作られるのか?

ここ数年になって一気に話題となって知名度が上がりつつあるのが「黒にんにく」!普段見かける白いにんにくと違い、芯まで真っ黒なにんにくです。

この黒にんにくはもともと黒いものが畑にできるのではなくて、白にんにくを加工することで変化したものです。製法は意外にも三重県が発祥の地とされていて、乾燥させて数ヶ月も寝かせ時間をかけて発酵させるという手間をかけて作られます。

黒にんにく

時間かける必要があり、緻密な温度管理などを必要とするので高値で出回っています。一般的なにんにくと比べても数倍近くすることがありますし、あまりスーパーなどでは見かけずネット通販などで細々と売られています。それでも人気が高まっているのは、後述する「秘密」があるからなのです。

黒にんにくの栄養が高くなる理由

なぜここまで手間ひまかけて黒にんにくを製造するのかというと、栄養価が数倍にも高まるから。

にんにくの栄養成分といえば、代表的な健康成分である「アリシン」、栄養豊富な土壌から吸い上げた「ビタミン・ミネラル分」、老化防止や生活習慣病予防のために摂りたいポリフェノールなど多彩です。

これが時間をかけて熟成されることで、アリシンやミネラルを失うことなくポリフェノールや抗酸化成分が増加し、白にんにくよりも効果が高いことが分かっています。

乾燥させて寝かせることで栄養価が増すものはしいたけや大根などもありますが、これと同じで手間をかけた分だけの見返るがあるということですね。

黒にんにくはニオイが少なく胃腸への刺激も少ない

黒にんにくは、にんにく特有のくさい臭いが薄れており、ほとんど気にならなくなっているのもポイント。

臭いを気にする人でも食べられます。さらに風味はマイルドになっており、辛味がほとんど感じられません。口当たりがいいのはもちろんですが、胃腸へかかる負担も低減されているので、にんにくを食べると胃がもたれてしまうという人でも食べれたと言う声もありますね。

黒にんにく
黒にんにくは見た目には堅そうですが、想像以上に柔らかくてプルプルです。フルーツ感覚で食べられ、ニオイも低減されているので人気になる理由が分かります。

にんにく侍の黒にんにくについての所感

黒にんにくの場合は栄養価が高まるだけでなく、においや辛味が薄れて食感が増すという恩恵もあります。黒にんにくの特徴はそのまま食べたい時に皮を剥くだけで食べられるものがほとんど。まるでプル−ンを食べているかのようで、癖がなく気軽に食べれてしまいます。

【黒にんにくの欠点】
臭いが気にならずに手がるに食べれて栄養豊富なんていいこと尽くめですが、そんなにお安いものではないのが悩みどころ・・・元気爆発でも家計は爆発させないように注意しなければいけませんが、丸ごとにんにくを食べたい人にはおすすめです。

いつでも手軽に食べられるおすすめの黒にんにく


毎月のコストを抑えたいなら、価格を抑えたにんにくのサプリメントがたくさん発売されています。まるごと食べるという醍醐味は薄れますが、栄養補給のためと割り切るなら費用対効果が高くおすすめです。

にんにく侍が検証したサプリメント一覧






にんにくサプリの選び方をまとめています