1. ホーム
  2. にんにく侍の知恵袋
  3. ≫にんにくは生で食べるのが一番いい理由と生にんにくが苦手な人の対処法

にんにくは生で食べるのが一番いい理由と生にんにくが苦手な人の対処法

にんにくは普段は生で食べると言うよりも、揚げたり炒めたりと加工したものを食べることが多いでしょう。

しかし栄養だけを考えてみれば、生にんにくに勝るものは無いといわれます。

にんにくは栄養価が高く健康効果が期待できる食べ物ですが、その栄養価は失われやすい特徴を持っているのです。

にんにくの栄養成分の代表である「アリシン」は水に溶けやすく、さらに熱に弱いという性質を持っています。これは調理の過程で栄養価が失われやすく、調理法次第では栄養がほとんど抜けてしまうことも考えられるのです。

にんにくの成分の恩恵を最大限受けたいならば、生のにんにくを食べる工夫をしていく必要があります。

せっかく栄養を期待して食べるにんにくでも成分がなくなってしまっていたら意味が無いですからね・・・

ただしこの「弱点を克服する方法」もありますのでご安心を。

にんにくは油と相性が良く成分が壊れない

にんにくの成分「アリシン」は油と相性が良いという性質があります。

油に溶け込むことで栄養分の流出や熱による変性がしなくなるという特徴を持っています。このため油を使った炒め物やパスタなどには非常に理にかなった調理法だと言えます。

調理に使う際にはあまり水に浸すようなことはせずに、さっと流して油を絡ませてから加熱調理するのがいいということですね。

にんにくサプリでよく一緒に使われる「卵黄」も、卵黄の脂質によりにんにくの栄養分の変質を抑制する効果もあります。

栄養価を崩さずにカプセルに閉じ込めたサプリメントは、効率よくにんにくの栄養を摂取できる最適な方法の一つです。毎日にんにくの効果の恩恵をうけたいならお得なサプリで摂取していきましょう。