1. ホーム
  2. にんにく侍の知恵袋
  3. ≫にんにくはなぜあんなに臭いか?にんにくのニオイの成分とは

にんにくはなぜあんなに臭いか?にんにくのニオイの成分とは

にんにくといえば強力な鼻を突くニオイがまず頭に浮かびます。想像しただけで臭くなるような食べ物ってあまり無いのではないでしょうか。

そもそも、にんにくのくさい臭いは外敵から身を守るための防御手段であるのです。

にんにくの強力な臭いは害虫や動物による捕食から身を守るために存在するバリア機能としての効果をもっています。

にんにくは土の中に埋まっている時から強力な臭いを発しているわけではありません。にんにくの成分には「アリイン」と「アリイナーゼ酵素」というものが多く含まれるのですが、外部からの刺激で傷ついたりすると結合して「アリシン」に変化します。このアリシンこそが強力な臭いと辛味を生み出しています

にんにくは動物のみならず、人間が収穫する際にも農家の方の手が荒れて真っ赤になるほど。

害虫がかじろうものならば即座に反応して撃退し、タヌキやイノシシなどの動物は鼻がいいので近寄ることもできません。同じような性質のものでは除虫菊などがありますが、皆自分を守るために特異な進化をとげているということです。

クサイにおいの元こそがにんにくの力でもある

この臭いの成分アリシンは強烈に臭いですが、このアリシンこそがにんにくの栄養素の源です。さらには強い抗菌・殺菌力も持っているので、病気の本となる雑菌の繁殖を防ぐ効果もあります。

人間が食べる分には血行を良くして代謝機能を高めたり強い殺菌力で胃腸の調子を整えたりしてくれるのです。

にんにく侍

どの食べ物でも言えますが、こんな刺激が強いのを最初に食べた人はすごいなぁと思います。先人の探究心と農家の方の苦労に感謝しつつ、今日も健康のためににんにくサプリを飲んでいきます。