1. ホーム
  2. にんにく卵黄の効果と口コミ
  3. ≫産後の体調不良の改善ににんにくが効果がある?

産後の体調不良の改善ににんにくが効果がある?

何かと体調を崩しやすく、ホルモンのバランスも乱れがちな産後の憂鬱を改善するのに、にんにくが優れた効果を発揮します。不安に思うかもしれないですが、にんにくは産後の栄養補給としてぜひ取るべき食材でもあります

産後の体調不良の原因

このような体調不良は、産後の身体に生じるさまざまな変化によってもたらされています。
たとえばホルモンバランスの変化、子宮の収縮などの女性ホルモン・女性器に関することから、基礎代謝の低下や血行不良などの身体の基礎部分における変化、あるいは出産・育児による疲れやストレスなどです。
特に子宮に傷がついてしまっている場合や乳腺炎などにかかっている場合は、細菌感染を起こす可能性もあるため、無理せず身体を休めることが大切です。

体調不良に効果的な対処法とは

産後の体調不良に対処するためには、まず体力を回復させることです。出産という大きな負担と、その後の子育てのストレスなどで、母親の体力は自覚している以上に消耗してしまっています。家族に家事や育児を任せて、ゆっくり休む時間をとりましょう。
またホルモンバランスの乱れによる頭痛やめまいなどには、大豆製品をとることがおすすめです。出産後に減少する女性ホルモン「エストロゲン」の代わりとなるよう、イソフラボンを摂取することが効果的なためです。
基礎代謝や血行を向上させるために、身体を暖めたり栄養のあるものを摂取したりすることも大切です。忙しかったり、食欲がなかったりして十分に食事を摂れない場合は、にんにくなどの滋養強壮力の高い食品に頼ってみるのも一案です。

にんにくの力にも頼ってみよう

にんにくは、なぜ産後の女性におすすめなのでしょうか。にんにくには「アリシン」という成分が入っており、これが身体の疲労回復を促す効果を持っています。またアリシンには血行を促進する力もあり、リンパの流れも同時に良くなるため、基礎代謝の向上にもつながります。
これらが改善すると、頭痛や肩こり、腰痛などの症状が軽減されるため、産後の体調不良が和らぐことが期待されます。またアリシンには抗菌力もあるため、風邪やインフルエンザなどのウイルスを防ぐ効果が見込まれます。

補足:産後の肥立ちとは

産後の肥立ち(ひだち)とは、出産により大きな負担のかかった女性の身体が、妊娠前の状態にまで回復することを指します。「産褥期(さんじょくき)」とも呼ばれ、期間に個人差はありますが産後から6週間~8週間ほどの時期のことです。
産後の女性は、この肥立ちの時期を含め、さまざまな体調不良に見舞われることがあります。たとえばめまいや倦怠感、吐き気、頭痛などの身体症状や、抑うつ状態などの精神症状が主なものであり、人によっては発熱や抜け毛、尿もれなどを起こすこともあります。
体調も悪く食事が偏りがちになる人が多いのですが、赤ちゃんのためにもしっかりと栄養を取るべき時期でもあります。妊娠中は葉酸のサプリなどを飲んでいたと思うのですが、産後にはより自然に栄養を補い、乱れがちな生活リズムの中で活力をもらえるようなにんにくサプリを取り入れてみてはいかがでしょうか。

口コミ評価の高いサプリ3選

  1. 三黒の美酢

    口コミで広まった3つの黒素材を使った贅沢なにんにくサプリ

  2. サントリー黒酢にんにく

    サントリーが作る低コストで素材の信頼性が高いにんにくサプリ

  3. にんにく玉ゴールド

    にんにく卵黄を丸ごと乾燥させた栄養価重視の異色サプリ!

error: Content is protected !!