1. ホーム
  2. にんにく卵黄の効果と口コミ
  3. ≫味も栄養も違う?国産にんにくと中国産にんにくの違い

味も栄養も違う?国産にんにくと中国産にんにくの違い

国産にんにくと中国産にんにくの違いとして、まず、値段の違いが挙げられます。中国産のほうが安く、1個当たりの値段を比較すると10倍の差になる場合もあるようです。
中国産を安く購入できる大きな理由として、人件費の安さが挙げられます。また、輸送費の安さにも反映されるため、低価格に抑えることが可能になります。一方、国産にんにくが割高なのは徹底した品質管理を行っているからです。

にんにくの栽培には、土作りから収穫に至るまで、過酷な自然環境と向き合う必要がでてきます。生産者にはにんにく栽培への強いこだわりがあり、おのずから値段が高くなると考えられるでしょう。

☆見た目・大きさも違う

日本のスーパーに並ぶのは中国産と国産の2種類がほとんどのため、両者が比較されることも少なくありません。中国産にんにくは3個~5個がネットに入れられて販売されていますが、国産は1個ずつ販売されている点が大きな特徴です。
また、中国産にんにくは「上海早生」といわれる12片種が多く、1粒あたりが小さくなります。対する国産にんにくは6片種や8片種が多いため、1粒が大きくなる点も特徴のひとつです。中でも「福地ホワイト六片」(青森県産)は名の知れたブランドといえるでしょう。

なお、国産にんにくは中身がぎっしり詰まっているため、みずみずしさもあります。そのため、すりおろすと水分の多さを感じることも多いといわれています。

☆味や食感も違う

食べ物の味や食感には個人の好みがあるため、どれがおすすめかは一概にはいえません。そのため、国産・中国産にんにくの違いについては、あくまでも参考にするといいでしょう。
まず、中国産は、からみが強く、加熱するとやわらかくつぶれることが多いようです。国産のほうは、マイルドな味でうまみもあり、加熱したときにコリッとした食感が残ります。青森県産のにんにくは代表的存在ですが、料理する前のニオイもそれほどきつくないのが特徴です。

それとは別に、丸ごとのにんにくはニオイがしないのが一般的ですが、購入するときからニオイがするものは、傷があるか虫食いになっている可能性も考えられます。

☆気になる栄養の違いは?

にんにくには、疲労回復や滋養強壮に役立つ主成分アリシンをはじめ、むくみ解消や血圧を下げるカリウム、更年期障害の緩和が期待されるアルギニンなど、数多くの成分が含まれています。
そのため、食中毒予防、動脈硬化の予防・改善、ダイエットや美肌のためにもおすすめの食材です。国産と中国産のにんにくには、値段をはじめ、見た目や味などに違いがありますが、栄養面には大きな違いがないようです。
ただし、中国産にんにくは農薬が多く使われています。これは、中国産にんにくに限ったことではなく、外国産の農産物を購入するときに注意すべき点ではないでしょうか。

口コミ評価の高いサプリ3選

  1. 三黒の美酢

    口コミで広まった3つの黒素材を使った贅沢なにんにくサプリ

  2. サントリー黒酢にんにく

    サントリーが作る低コストで素材の信頼性が高いにんにくサプリ

  3. にんにく玉ゴールド

    にんにく卵黄を丸ごと乾燥させた栄養価重視の異色サプリ!

error: Content is protected !!