1. ホーム
  2. にんにくサプリの疑問解決
  3. ≫にんにくサプリの副作用まとめ!飲むとき気を付けるべきこと

にんにくサプリの副作用まとめ!飲むとき気を付けるべきこと

にんにくは病気だけでなく疲労回復にも効果がある日本を代表する健康食材です。特に、ニオイを気にせず手軽に飲めるにんにくサプリは、仕事で忙しいビジネスマン、家事や育児で忙しい主婦などを中心に人気があります。

しかし、副作用についてあらかじめ知っておくことで、不安なくトラブルなくサプリを飲めます。

前提として、にんにくはそもそも食材であり、にんにくを詰め込んだサプリも食品なので、医学的な副作用は起こりません。

ただし、

  • 一度に大量に飲む
  • アレルギーを持っている
  • 飲んでる処方薬がある

これらに該当する場合には、健康に影響が出る可能性があります。にんにくのサプリを飲む場合に注意すべきことをまとめてみました。

にんにくの摂取量には限度目安が決められている?

にんにくは健康に有効な成分がたくさん含まれている食材ですが、1日に摂取する量には限度があります。

生ニンニクの場合は成人の場合は1日に1個で、加熱調理した場合は2個までが適量となります。未成年の場合は、成人の半分の適量になります。

サプリの場合はパウダー状のものであれば、350mg程度が目安となりますが、製造方法や原料によって適量は違ってきます。特にサプリは細かな配合量が記載されていないのがほとんどであるため、知らぬ間に摂取上限をオーバーしてしまう可能性はあります。

サプリでにんにくを摂取している場合は、説明書に記載されている推奨量を守ることが大事です。

アレルギーとしての副作用が出る場合もある

にんにくサプリは天然成分が原料となっているため、ほかの薬に比べると副作用は出にくい方ですが、量を超えるとアレルギーや下痢、腰痛などの症状が出るケースもあります。

そして、持病を患っている人の場合は、病気の種類や服用している薬との飲み合わせの関係によっては、にんにくのサプリによって副作用がでる恐れがあります。

にんにくを食べすぎることによる副作用・アレルギーについて

心臓病の投薬を受けている人は医師に確認

心臓病や脳疾患を患っている人が服用する薬には、血液を固まりにくくする作用があります。それによって、血管が詰まることを防ぐためです。

しかし、にんにくにはこの血液を固まりにくくする働きをさらに強めてしまう副作用があります。出血をしたときに血がとまりにくくなるというケースも多いからです。そのため、病気の治療のために薬を服用している場合は、必ず医師に相談してからサプリを飲むようにしたほうがよいです。

食材のなかでもにんにくは、世界各国で健康を促進する効果をもつ食べ物として有名です。古代のエジプトや中国などでは、薬代わりとして食べられていました。

アメリカの研究では、ガン細胞の増殖を抑える働きがあることが分かっており、抗がん剤と併用して治療薬としても用いられる実験が行われています。それだけ効果の高い成分ということを理解し、病気で既に治療中の方は医師に相談してから飲むのが最も確実です。

口コミ評価の高いサプリ3選

  1. 三黒の美酢

    口コミで広まった3つの黒素材を使った贅沢なにんにくサプリ

  2. サントリー黒酢にんにく

    サントリーが作る低コストで素材の信頼性が高いにんにくサプリ

  3. にんにく玉ゴールド

    にんにく卵黄を丸ごと乾燥させた栄養価重視の異色サプリ!

error: Content is protected !!