1. ホーム
  2. にんにくサプリの疑問解決
  3. ≫にんにくが自律神経失調症の改善にいいという口コミが多い理由はなぜか?

にんにくが自律神経失調症の改善にいいという口コミが多い理由はなぜか?

にんにくのサプリを飲んだら、自律神経失調症の症状が緩和してサプリが手放せなくなった

この口コミは、大手の情報掲示板に書き込みされたもので、自律神経失調症ににんにくが効果があるという情報検証のきっかけになったものです。

さらにこの掲示板の書き込みに賛同する声や、同じくにんにくを飲むことで辛さを軽減しているという投稿が続き、単なるネット上の口コミでは片づけられないものになっています。

自律神経失調症は医師でも治療が難しく、医療機関による投薬治療などでも万人に効果が出にくい厄介な病気です。実際の治療医の話を聞くと、人によって症状の程度も部位も異なる様々な悩みがあるため、的確な治療が難しいということ。

それだけに民間の治療法をいろいろ試す人も多いのが現状ですが、にんにくに一定の効果が期待できるのではないか?ということで、自律神経失調症とにんにくの関係についてまとめてみます。

にんにく侍

※著者であるにんにく侍は、20代の前半に自律神経失調症になっていました。現在は快方に向かっていますが、色々なサプリを検証しようと思うきっかけにもなった病気。経験談と医師による見解の両面から、読み解いていきたいと思います。

こんな症状は自律神経失調症を疑う

自律神経失調症ってたいそうな病名に見えますが、実は気づいていないだけで潜在的に自律神経系のトラブルによる症状を発症している人は多いとみています。

自律神経は、呼吸や血液の流れ、消化や代謝などの、意思とは無関係に作用してる人間の機能であり、自分ではコントロールできないもの。交感神経と副交感神経という相反する2つの神経が、その時の体の状況に合わせて最適になるようにバランスよく調整しているものです。

自律神経のバランスが狂ってしまうと、興奮状態が収まらなくなって眠れなくなったり、心臓のドキドキする動悸が止まらなくなったりします。特に血液の循環系統に大きくかかわることから、不調が体中に起こって様々な症状がでてくるのが自律神経失調症の厄介なところです。

代表的な症状では、

  • 何となくだるく元気がない状態が続く
  • 胃腸が弱くよくお腹を壊すようになった
  • 冷え性で手足の先が季節問わず冷たい
  • 肌の血色が悪くて赤かったり、蒼白だったり
  • 夜眠れず、朝の寝起きも悪い

さらにひどいと、体の半身だけ突然汗が出るなどして本当に困る病気。これは体験した人にしか分からないのですが、一時的ではなく何度も慢性的に繰り返すので、ついつい自分は病弱で虚弱体質だなんて思い込みがちなのです。

でもここで上げた症状って、にんにくの栄養素を摂取することで改善を期待するものばかりなのです。根治治療こそできないものの、にんにくには自律神経失調症の症状を和らげ、改善のきっかけを作ってくれる可能性があります。

次は、にんにくのどのような成分・効果が作用していくのかをまとめていきます。

にんにくのどんな効果が自律神経によいのか?

にんにくに含まれる成分は複数ありますが、最も効果的に作用するものとして「アリシン」という成分があります。

アリシンは血液そのものの流れを改善する効果があるため、末端の毛細血管の流れを改善したり、体の器官に十分な酸素を供給できるようになります。

アリシンはにんにく独特な臭いと刺激の元になる成分で、ビタミンB1と体内で結合してアリチアミンという物質に変わります。

アリチアミンは糖質の代謝を促進し、胃腸の働きを改善して消化吸収を促進してくれます。代謝が促進されることで疲労物質の排出にも効果あるため、辛い症状の緩和を実感しやすいといえます。

にんにく卵黄には神経によい成分も含まれる

自律神経失調症は、単純に神経伝達のバランスが狂っているだけではなく、副交感神経が委縮して交感神経が優位になってしまっているケースもあります

神経の伝達にはアセチルコリンという物質がかかわってることが分かっており、ストレスなどで委縮した神経はより多くのアセチルコリンを必要とします。このため不足してしまうと自律神経のバランスにも影響を与え、委縮した神経の伝達がさらに悪くなってしまうという図が完成してしまうのです。

アセチルコリンの元となるのが、卵黄に含まれる卵黄コリンという物質で、不足したアセチルコリンを生成してくれます。

アセチルコリンが補充され、にんにくの効果でスムーズになった血液で神経に運ばれることで、自律神経の働きも活発になりバランスの取れた神経系が戻ってくるのです。

自律神経への効果を追求するなら、単純なにんにくサプリよりも、にんにく卵黄の効果の方が優れているということになります。

自律神経失調症で評価の高いにんにくサプリ

にんにくの自律神経失調症への効果を最大限に発揮するために、口コミの評価が高いサプリメントと、有効な成分を多く含んでいるサプリメントをピックアップしました。

サプリは薬ではないので過剰な効果への期待はできませんが、症状を緩和して改善への糸口となる可能性はあります。にんにくは毎日食べるのは難しいので、卵黄と合わせてサプリの力を借りるのが効率がよく経済的でもあります。

口コミ評価が高い にんにく玉ゴールド

にんにく卵黄をそのまま乾燥凝縮させた特徴的なサプリ。自律神経失調症に悩む人が飲んでいる口コミが最も多く、リピートしている人も多い成分としての効果が高いサプリ。

なぜにんにく玉が?という疑問はぬぐえません。医学的な根拠には乏しいのですが、「今日つらいな…というときに数粒飲むと全然違う」という口コミが多く、自律神経失調症を中心に悩んでいる人に広まっているサプリです。

見た目のままに少しにんにく臭いと感じる場合もありますが、飲んだ後にはあまり気にならなくなるので口臭が気になる人でも安心して飲めます。コスパも高く、毎日のお供に検討してみる価値あるサプリ。

にんにく玉ゴールドの購入レビューを見てみる

期待できる栄養成分が豊富な 三黒の美酢

栄養価を高めた発酵黒にんにくと、必須アミノ酸を豊富に含む黒酢、卵黄コリンを多く含む卵黄油の3つの栄養素が一度にとれる贅沢なサプリ。

うつや神経系の効果も期待されているDHAも配合されていることで、自律神経失調症への効果の期待値が最も高いサプリといえます。毎月の費用は¥2,800円と高めですので、まずは1か月お試ししてから飲み続けていくことをおすすめします。

三黒の美酢の効果とレビューをみてみる

口コミ評価の高いサプリ3選

  1. 三黒の美酢

    口コミで広まった3つの黒素材を使った贅沢なにんにくサプリ

  2. サントリー黒酢にんにく

    サントリーが作る低コストで素材の信頼性が高いにんにくサプリ

  3. にんにく玉ゴールド

    にんにく卵黄を丸ごと乾燥させた栄養価重視の異色サプリ!

error: Content is protected !!