1. ホーム
  2. にんにく卵黄の効果と口コミ
  3. ≫にんにく卵黄が痛風の予防にいい理由!痛風の症状と原因

にんにく卵黄が痛風の予防にいい理由!痛風の症状と原因

痛風の由来として、「風に吹かれただけでも痛む」ということを聞いたことがある人もいるでしょう。実際には、痛みの程度はさまざまです。わずかな痺れを感じる程度から、立ち上がれないほどの激痛を感じる程度まで非常に幅が大きいです。

痛風になると足の親指に痛みが生じることが多いです。その他にも、膝や足首に症状が現れるケースも珍しくありません。再発するケースもありますが、数日で痛みが収まることがほとんどです。何度も再発を繰り返していると、発症箇所の軟骨に損傷が生じたり、関節が変形したりしてしまうこともあります。

痛風の原因

血液中の尿酸値が高くなると、痛風が起りやすくなります。尿酸は老廃物ですが、どんな人でも血液中に含まれています。

尿酸は最終的に尿として排出されますが、量が多すぎると体内に蓄積されていくことがあるのです。その状態が長期間続くと、結晶化して関節の内側に付着します。この作用になり、関節に痛みが現れるのです。食生活は尿酸値に大きな影響を与えます。

肉類を食べ過ぎると、尿酸値が高くなってしまいます。また飲酒も尿酸を増加させる原因のひとつです。アルコールの分解時に尿酸が発生するためです。その他にストレスも、尿酸の発生に影響すると考えられています。

にんにく卵黄が痛風の予防にいい理由

にんにく卵黄は痛風の予防に効果的であるといわれていますが、根拠となるのは3つあります。

にんにくには「アリシン」と呼ばれる成分が含まれています。アリシンに熱を加えると、血栓を防ぐ働きがある成分に変化するのです。この成分は「アホエン」と呼ばれ、にんにく卵黄に含まれています。

卵黄にはレシチンという成分が含まれており、レシチンは血中コレステロール値を調整して血液の流れを改善し、尿酸が溜まりにくい状態を保ってくれる働きがあるのです。

また、にんにく卵黄にはポリフェノールも含まれています。ポリフェノールは抗酸化成分として有名ですが、血栓を防ぐ効能もあるのです。にんにく卵黄を摂取していると、これら2つの成分によって血液がサラサラな状態に保たれやすくなります。血液中の尿酸値が高くなりにくいので、痛風の予防になるのです。

☆痛風を予防するにはにんにく卵黄だけではダメ

痛風を予防するには、血液中の尿酸値を減らす必要があります。食事をするときは肉類の少ないメニューにして、野菜を中心に食べると良いでしょう。

アルコールを控えたり、ストレスを解消したりすることも効果的です。運動不足の場合も痛風になりやすいので、運動を習慣づけると予防になります。

ただし運動で疲労しすぎると、尿酸値が高くなってしまいます。特に無酸素状態での筋トレには注意しなければなりません。乳酸が増えてしまうからです。乳酸には尿酸の排出を抑制する働きがあります。ウォーキングなどの有酸素運動がおすすめです。

口コミ評価の高いサプリ3選

  1. 三黒の美酢

    口コミで広まった3つの黒素材を使った贅沢なにんにくサプリ

  2. サントリー黒酢にんにく

    サントリーが作る低コストで素材の信頼性が高いにんにくサプリ

  3. にんにく玉ゴールド

    にんにく卵黄を丸ごと乾燥させた栄養価重視の異色サプリ!

error: Content is protected !!